Just another WordPress site

トップ > 日本酒 > 十五夜お月さまに、間に合いました!最高の酒米で月見酒!『醴泉 純吟山田錦 ひやおろし』

十五夜お月さまに、間に合いました!最高の酒米で月見酒!『醴泉 純吟山田錦 ひやおろし』

2022/09/02

カテゴリー日本酒 限定

【十五夜お月さまに、間に合いました!最高の酒米で月見酒!】
暑かった夏から、最近は気温が下がり、秋のおとずれを感じる季節になりましたね。
夜は窓を開けておけば、クーラーはいらない日も多い気がします。

 

今年の「十五夜お月さま」は、来週の9月10日です。
過ごしやすい夜には、しんみりと、落ち着いたお酒がよく似合います。

 

 

そんなときオススメなのが、先日届いたばかりの日本酒。
『醴泉 純吟山田錦 ひやおろし』です!

 

 

「ひやおろし」とは。
冬に生まれた日本酒が、酒蔵の低温倉庫で熟成されて春夏を越し、秋に出荷されたものです。

 

約1年の熟成で、造りたてで若かったお酒が少しづつ丸みを帯びていき、ちょうどいいアンバイになった「ひやおろし酒」。

 

「秋あがり」とも呼ばれ、日本酒の一年一番の呑みごろと言われます!

 

 

お酒の中には様々な成分が入り混じっており、瓶詰めされてなお、化学変化(熟成)はゆるやかに進行します。

できたてのお酒はどこか角があり、良く言えば荒々しくフレッシュ。
それが熟成されるころで、角がとれ丸みが生まれ、優しい口当たりになってゆきます。

 

まるで人のようですね。
人の年齢でいうと、30代前後(アラサー)くらいのイメージでしょうか?
(店長個人としては、1年を超えた、さらに円熟味を増したお酒も好きですが)

 

このしっとりとした美味しさが、これから徐々に涼しくなっていく季節にマッチしてるんですよね~。

 

 

『醴泉 純吟山田錦 ひやおろし』は、最高の酒米「山田錦」を50%高精米で造った、ぜいたくなお酒。

 

純米酒にあるトガッた印象が、ひと夏熟成されてまろやかに。
透明感のある味わいと、ほのかな香りとの調和が美味しい逸品です!

 

 

↑よく見てください、ラベルが満月の形なんですよ(^^)
もし、室内でも、くもり空でも、これなら確実にお月見ができますね。

 

来週 9月10日の「十五夜お月さま」。
しっとり美味しい「月見酒」で、たのしんでくださいね!

 

 

【最高の酒米で月見酒!】
醴泉 純吟山田錦 ひやおろし
 … 720ml 3,700円(4,070込)
 … 1800ml 1,850円(2,035込)
 
◆次回ご来店のとき「読んだよ」の声が聞けると嬉しいです!(^^)

小さな「うれしい」「たのしい」「幸せ」をつむぐ
【酒の藤田屋本店】
店舗 9:00~19:00(月~土・日も毎日営業)
岐阜県大垣市新田町3-8