Just another WordPress site

トップ > Q&A > 【Q&A】「『龍の瞳』は美味しくない」と聞きました。本当にそんなお米なんですか?

【Q&A】「『龍の瞳』は美味しくない」と聞きました。本当にそんなお米なんですか?

2018/01/09

カテゴリーQ&A 食品

「『龍の瞳』は美味しくない」と聞きました。本当にそんなお米なんですか?

本来の味を引き出すにはコツがいりますが、多数の受賞歴がある美味しいお米です。

龍の瞳は「全国米・食味分析鑑定コンクール金賞(計4回)」「あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト最優秀賞(計3回)」などの受賞歴があります!

 

『龍の瞳』取り扱い一覧

 

美味しくないと思われた方の意見に「お米が割れやすい」というものがあります。
確かに、『龍の瞳』は吸水性が高く、粒が大きいため、一般的なお米と同じ炊き方をすると割れやすくなってしまいます…

 

そのため、パッケージ裏面には「美味しく炊くコツ」が記載されています。

(1)洗米
栄養成分や甘味を逃さないため、水が少し濁っている程度に洗いましょう。

 

(2)水加減
歯ごたえの良い炊き上がりにするため、水は控えめにしましょう。

 

(3)浸漬不要
『龍の瞳』は吸水性が高いため、炊飯器の場合、すぐに炊き始めましょう。

 

このコツを守っていただけば、『龍の瞳』の本来の美味しさが引き出せます!

当店ではお買上げの際、ご希望の方に『龍の瞳』の炊き方をより詳しく書いた用紙をお付けしています。

 

『龍の瞳』取り扱い一覧

 

もう一つ、「色が黄色っぽい」という意見があります。
なるほど、見た目は味の感じ方に大きく影響を与えますよね。

しかし実はこれが、『龍の瞳』の特徴です。

 

一般的なお米は、精米で胚芽や米ヌカを全て取り除きます(10分づき)。
しかし『龍の瞳』は独自の精米方法で「7分づき」にし、あえて胚芽や米ヌカを残しています。

 

胚芽や米ヌカを残すのは、『龍の瞳』に豊富に含まれる旨み成分や、ミネラル・ビタミンなどの栄養素を残すためです。
この米ヌカの層が、色が黄色っぽく見える理由です。

 

この胚芽や米ヌカを残した「7分づき」こそが、『龍の瞳』の味わいを最も引き出すという、生産者のこだわりなんですね。

 

しかし、どうしても黄色っぽさが気になる方には、『龍の瞳』と同じ品種「いのちの壱」の、もう一つのブランド米『銀の朏(ぎんのみかづき)』がオススメです!

 

『銀の朏』取り扱い一覧

 

別の生産者が造る『銀の朏』は、ザックリと言えば、『龍の瞳』を「10分づき」にしたもの。
ですので、一般的なお米と同等の白い外観を持っています!

 

『銀の朏』の味について、もちろん『龍の瞳』とは違いますが、その評価は同等です。

「あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」「全国米・食味分析鑑定コンクール」などでも、『龍の瞳』と同等の賞を多数獲得しています!

 

ちなみに、『銀の朏』の炊き方のコツは、『龍の瞳』と同じです。

 

 

このように、炊き方にコツは必要ですが、その美味しさを引き出したとき、他のお米にはない香り、旨み、食感を味わえるのが『龍の瞳・銀の朏』です!

 

とても美味しいお米ですので、ぜひご賞味ください!
贈り物にも、自信を持ってオススメできますよ(^^)

 

『龍の瞳・銀の朏』取り扱い一覧